ブログ

【ぼくらの】希望は一切なし。バッドエンドのみの鬱漫画。ネタバレなしの感想

最近はとんでもないスピードで『鬱漫画』を読んでいます笑

 

私が鬱漫画にハマったきっかけは『少年のアビス』って漫画なのですが、これがきっかけでネットで有名な鬱漫画を読み漁っている感じですね。

【少年のアビス】ネタバレなし、買う地獄・読む地獄と呼ばれる話題の漫画を読んだ感想

 

で、今回紹介する『ぼくらの』も鬱漫画界ではかなり有名な作品。実はこの漫画は過去に読んだ経験があります。ですが途中で読むの止めちゃったんですよね。これは途中で辛くなった・・・のではなく、絵がちょいと苦手だったから。

 

わたし読む漫画って絵の好き嫌いで選んでしまう傾向があるのですが、この漫画、、、苦手というか顔が似ててキャラ判別しにくく混乱する・・・みんな同じ顔に見えちゃうんですよね・・・笑

 

まあこれは私だけかも知れませんが。ただここまでどのサイトでも鬱漫画として紹介される作品。ちょいと頑張ってもう一回読んでみようと挑戦してみました。

 

で、私は漫画のネタバレって嫌いなので基本的にはネタバレなしの感想です。ただタイトルの希望一切なし。バットエンドしかない。ってのはある意味ネタバレになってしまうのかな?マジで何も希望のないストーリーです

 

簡単なあらすじは世界を救うために少年少女達がデカいロボットに乗って、同じような敵方のロボットと戦う話。なんかアレですね。エヴァっぽい笑

 

エヴァって一応劇場版含め全部見ていますが、正直全然理解できていません・・・・理解できていないけど、多分『ぼくらの』に出てくる少年少女の方が過酷だと思いますね。なんせ希望なさ過ぎ。

 

敵の正体とかその辺はネタバレになるので実際に読んでみて下さい。ちなみに私はコミックシーモアで読んでいます。

『ぼくらの』にはアニメ版もあるが、原作ファンからは改悪されたとボロクソの評価

『ぼくらの』にはアニメ版もあるのですが、漫画とはストーリーが変更されています。アニメ版の監督は森田宏幸氏でスタジオジブリの『猫の恩返し』の監督やっていた人ですね。

 

この人が自身のブログで「私自身が原作を嫌いで、アニメーション化にあたり、ある意味原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます」と発言。

森田宏幸ブログ:負けました

 

原作ファンからアニメ版は酷い改悪、原作レ○プ、と酷評を受けています

 

森田宏幸氏のブログを読んでみましたが、率直な感想は『何言ってるかわかんない笑』。私の読解力がないのかわかりませんが、原作ファンに媚びたいのか、自身の主張を通したいのか、イマイチよくわからない文章でしたね。コメント欄でもボロクソに叩かれています。

『ぼくらの』を最後まで読んでみた感想(ネタバレなし)

さて、そんな『ぼくらの』を最後まで読んでみた訳ですが・・・

 

確かに鬱漫画なんでしょうね・・・全くもって救いがない。絶望だけ。希望ゼロ。

 

ただここ最近有名な鬱漫画ばかり読んでいて確信した事があります。これは私の場合ですが、鬱漫画とは登場人物の思考、行動などを過去現在の自分と比べ共感できるか否か。ただ単にグロいとか残酷な漫画っていくらでもありますが、あんまりそういう作品は鬱漫画とは感じない。ホラー映画見ているような感覚ですね。ハラハラドキドキはするけど・・・って感じ。

 

この作品の主要人物は主に中学生ですが、いやいや中学生こんな仕上がりなるかな?いくら極限状態と言えどうだろ??って違和感が付き纏う。

 

登場人物達はなぜか複雑な家庭環境の場合が多く、妙に大人びている。だからこそこの作品の主要人物になったのとも言えるが・・・まあ私が中学生の頃はこの作品に出てくるような子供ではありませんでしたね!毎日ブラックバスを釣る事しか考えていませんでしたので!!

 

そういう意味では共感は出来なかったのですが、小中学生の頃複雑な家庭環境だったとか、周りと違う変人思考だった人にはゴリゴリの鬱漫画だと思います。

 

そしてある程度漫画よ読み進むと世界観、、、というか敵が何者で何を目的に行動しているか、ってのがわかってきます。そしてこの先は絶望しかないな・・・って展開読めるのですが、予想を上回る絶望具合で良いか悪いかは分かりませんが、読者を裏切ってきます。特に最後の方。

 

冒頭でも言いましたが、私は過去にこの作品を読みましたが、絵がちょっと苦手で途中で断念しました。が、今回きちっと読んでみるとそのうち慣れます!5巻くらいまで読んだら慣れると思います。

 

何やっても絶望。希望なし。バットエンドしかない。そしてバットエンドと思っていたら、さらにバットエンドが用意されている。そんな漫画です。面白い漫画という表現は絶望感あり過ぎて言えませんが、読んで良かった作品であるのは間違い無いです。

 

コミックシーモアで読みましたが、最初の方ちょろっと無料なので興味のある方は試しに読んでみて下さい。

 


 

オススメ記事

1

『ブログで稼ぐ』というワードはかなり一般的になり、趣味のゲームで多少でも稼げないか、そう考えている人も多いかと思います。私自身いくつかのWebサイトを運営しており、このサイトもその1つ。過疎ゲーからビ ...

2

当ブログでは基本的にはゲームの攻略情報を主に投稿していますが、たまには真面目な??内容も投稿してみようかと。   わたしこれは自信を持って言えるのですが、『子供には早いうちからプログラミング ...

3

ちょっとこんな記事を書くと今やっているゲーム内の人に嫌われそうで怖いのですが・・・・   最近オンラインゲーム内で『相方』ってワードをよく見かけます。『相方』って今やっているゲーム内だけの単 ...

-ブログ

© 2022 ほーたろのゲームブログ Powered by AFFINGER5